MicrosoftTeamsの既読通知機能を有効にすべきかどうか問題(用語の整理)

そもそも既読”通知”機能とは

メッセージを表示(=開封する/読む)すると、会話相手に分かるよう、通知が行われる機能です。代表的なものはLINE。そしてこの機能には2種類の表示タイプがあります。

タイプ1. 既読にした”人数”だけが分かるもの

例えばLINE。10人のLINEグループがあるとして、既読が5人になってもだれが既読になったか分かりません。


※ 画面ショットは8人のグループで7人が既読なので、みんな読んでいる事が分かります。

タイプ2. 既読にした”ユーザー名”まで分かるもの

ビジネスチャットによっては、既読した人がリストアップされるものもあります。例えばLINEWORK。

トークの既読確認 – LINE WORKS

上記ページから写真を引用させていただきます。

Teamsでは”いいね”がこのタイプですね。赤枠のように”いいね”した人が分かる。

MicrosoftTeamsの既読通知機能

MicrosoftTeams(以下Teams)の既読関連機能を整理します。なお、機能の中には未リリースのものもあるため、後で変わる可能性があります。

機能1. Teams管理画面から設定できる「開封確認」機能

この管理機能は現在動作しておらず、何を管理するものなのかは2019/5/23現在分かっていません。とはいえ、機能2を考えると、これはチームチャットの開封確認を管理するものと予想されます。

機能2. ロードマップでリリース予告されている「プライベートチャットの開封確認機能」

https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/roadmap?filters=&searchterms=51552

全文を転載し、日本語訳も掲載します。

(原文)
Microsoft Team – Read Receipts in private chats

Increase communication transparency with Teams. Do you often wonder if your teammates saw your message? Read receipts in private chats allow senders to know when a message was read by the recipients.

(日本語訳)
Microsoftチーム – プライベートチャットで領収書を読む

チームとのコミュニケーションの透明性を高めます。あなたのチームメイトがあなたのメッセージを見たかどうか不思議に思いますか?プライベートチャットの開封確認メッセージを受信者が読んだときに送信者は知ることができます。

この機能は2019年6月にリリース予定で、現在開発中となります。(2019/5/23時点の情報)

まとめ

機能名 対象 既読通知機能 既読表示タイプ
機能1 チームチャット ○有効(有効/無効/ユーザー選択可能から選択可) 不明
機能2 プライベートチャット ○有効(変更不可) 不明

ここまでの推測より、チームチャットもプライベートチャットも、既読機能が有効になると思われます。そしてどちらの機能も、既読表示タイプは分かっていません。

既読”管理”機能との違い

Teamsでは、自分自身の管理のために、チャット・チャネルメッセージの未読・既読を切り替えることが出来る。一度読んだメッセージを”未読”に戻すと、画面のように未読状態となる。自分専用の”しおり”的な機能だと理解すると分かりやすいです。

本ブログの一覧の議論ではこの機能は扱いません。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*