GoPro2 HD Hero2届いたのでレポ+GoPro1と画質比較してみた

### 外観

GoPro1とほぼ変わらず。防水ケースもGoPro1のが流用できるのでGoPro1持ってる人はそのままスペアケースに。

### 背面液晶

GoPro2と直接関係ないですが、背面液晶も購入しました(GoPro1にもつけられる)。えーっとですね、**これが結構満足度高い!**撮影中の動画見れたり、撮影した画像見れたりするだけなんだけど、その普通の事がGoProでできる感動っていうね。背面液晶は国内代理店で10000円、海外直輸入で6000円。背面液晶つけても防水状態は維持できます(背面カバーが付属している)

### 操作性

10倍くらいマシになった!写真じゃちょっと分かりにくいけど、動画撮影時に現在の撮影解像度・fps・残り撮影時間などの情報が表示されるようになったのです。GoPro1は謎の暗号を覚えないと解像度分からなかったし、確か残り撮影時間の表示もなかった気がする。けど普通にカメラに比べてまだまだ使いにくい。戻るボタンがないのでやっぱストレス溜まるわー。まぁGoPro1使ってる人はそのまま使えるし、初めての人でも最初の設定さえやっちゃえば後は問題なし。

### 画質

本題。GoPro1で一番嫌だったのは画像の白飛びする。用途上、雪面で使うことが多かったのですが、晴れてる日は雪面が前面真っ白になって凹凸が見えない!曇りの日の方が雰囲気出るくらい。GoPro2ではそこらへん改善されてればいいナーってことで、早速テスト撮影してみました。

#### ケース1:国道20号:幡ヶ谷⇔調布間

※ 右下の「HD」ボタンをONにして大画面で見てください。

#### 感想

**暗所性能劇的改善し過ぎでヤバイ。**昼映像も夜映像もGoPro1より明らかにダイナミックレンジ広い感じ。特に首都高下の映像じゃぁGoPro1が真っ暗なのに対してGoPro2は首都高下にいることがはっきりと分かる(6分過ぎの夜映像)。**これはものすごい改善。**相変わらず白飛びはしちゃう…。というか感度高い…?夕方の逆光のシチュエーションはGoPro2でなくても厳しいし、仕方ないのかも。もうちょっと条件の緩い場面で撮影したいところ。

#### ケース2:ゲレンデ(スノータウンイエティ)

#### 感想

GoProの弱点だった白飛びがかなり改善されてる!これはすごい。全体的に色がはっきり出るようになった。暗所性能テストと同じく、ダイナミックレンジが広がったことを確認できました。

#### ケース3:WVGAの120fpsテスト

#### 感想

**120fps結構使えるじゃん。**WVGAだからbluerayにするなら厳しいけど、DVD画質なら全然問題なさそう。

#### ケース4:微速度撮影

アナログキッチンタイマーにGoPro載せて回してみました。軽いGoProならではの方法。

### 参考リンク

* 1080pウェアラブルカメラ GoPro HD Hero 2 発表、WiFi対応キットも今冬登場 — Engadget Japanese
* GoPro2とととどいた!!: マダマダGSX-R1000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。